マルチペイメントサービスにおいて、住信SBIネット銀行でのお支払いが可能に

マルチペイメントサービスにおいて、住信SBIネット銀行でのお支払いが可能に

ウェルネット株式会社(以下ウェルネット、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:宮澤 一洋)は、住信SBIネット銀行株式会社(以下住信SBIネット銀行、本社:東京都港区、代表取締役:川島 克哉)と提携、4月11日より、ウェルネットが提供するペーパーレス・リアルタイム決済であるマルチペイメントサービスで同行の決済ができるようになります。
【開始日時】 2011年4月11日

【サービスの概要】
ウェルネットの提供するマルチペイメントサービスにおいて、住信SBIネット銀行に口座を保有するユーザーは、代金をその口座から即時に引き落としすることで、決済できるようになります。

住信SBIネット銀行ユーザーはウェルネットと提携する事業者サイトで購入した商品代金について、ウェルネットが提供する支払い選択画面で、住信SBIネット銀行決済を選択すると、住信SBIネット銀行に画面が自動的に遷移します。銀行のログインを行い、決済手続きを行うと口座から即時にその金額が引き落とされ、決済が完了します。
PC・モバイルともに、ご利用いただけます。

“マルチペイメントサービス”は、2000年5月以降ウェルネットがサービス提供している(紙の払込票などの製作、郵送が不要な)リアルタイム決済スキームで、2000年ローソンのキオスク端末“Loppi”でサービス提供開始以来、ファミリーマート、サークルKサンクス、セブン-イレブン、ミニストップ、デイリーヤマザキ、スリーエフなど国内主要コンビニエンスストアに加え、銀行ATM、ネットバンキング/モバイルバンキング、クレジットカード、電子マネーなどに順次決済手段を拡大してまいりました。ウェルネット1社との契約・システム接続を行うだけで様々な決済を行うことができる大変便利なサービスです。
ご利用事業者様も国内主要航空会社のほか、世界最大級のネット通販会社を初めとする国内主要ポータルサイトのほとんどに導入されるなど、支払方法としても着実に定着してまいりました。
また、運用面においては、2000年5月サービス開始当初から24時間有人監視体制を敷くなどによる安定した稼動実績は、関係方面から高い評価を頂戴しております。
国内最大級の“マルチペイメントサービス”に住信SBIネット銀行が加わることで、 “いつでも、どこでも”“お客様の望む方法で”決済できる利便性が更に充実いたします。

今後もウェルネットは、コンビニエンスストア様、金融機関様、カード会社様など決済提供会社様と更なる提携強化を志向し、関係される会社様及びご利用されるお客様の更なる利便性向上を可能とするスキーム開発に尽力いたします。


【住信SBIネット銀行株式会社について】 https://www.netbk.co.jp/
代表者 :代表取締役 川島 克哉
開業 :2007年9月24日
所在地 :東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー18階
事業内容 :インターネット専業銀行。住友信託銀行とSBIホールディングスが出資するインターネット専業銀行。
口座数:100万(2011年2月現在)
預金残高:1兆5千億円(2011年1月18日現在)


--------------------------------
<本件に関する報道関係者のお問い合わせ先>
ウェルネット株式会社 管理部 IR担当
http://www.well-net.jp
TEL: 03-3580-0199   FAX: 03-3580-0168   E-mail: ir@well-net.jp
--------------------------------