経済産業大臣表彰受賞のお知らせ(平成22年度情報化促進貢献企業等)

経済産業大臣表彰受賞のお知らせ(平成22年度情報化促進貢献企業等)


 ウェルネット株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:宮澤一洋、以下:ウェルネット)は、経済産業省をはじめとする関係6府省(内閣府、総務省、財務省、文部科学省、国土交通省)が行う「平成22年度情報化月間」において、「平成22年度情報化促進貢献企業等」として経済産業大臣表彰を受賞いたしました。

今回受賞理由となりましたマルチペイメントサービス(※1)、電子チケット(※2)の開発・普及の道筋は平坦なものではありませんでしたが、おかげさまで多くの事業者様、お客様にご利用いただけるようになりました。それらの方々から頂戴する「便利になった」というお声、ご利用事業者様の高い評価を励みとして、今後もウェルネットは「あったら便利なしくみを作り続けることで社会の進歩に貢献」してまいります。

【表彰理由】

主要な大手コンビニのキオスク端末・POSシステムとウェルネットサーバおよび事業者システムを24時間接続する「ペーパーレス兼リアルタイム現金決済」を日本で始めて実現した。殆どの国内大手航空会社で採用され、代理店経由の販売スタイルから直販形式へのビジネスモデルの変革に大きく寄与した。その後国内主要バス会社、代表的なEC事業者にも採用が拡大し、電子決済のデファクトスタンダードとなった。
また国内で初めて航空チケットの電子化を実現するなどユーザー利便性向上にも積極的且つ継続的に取り組むなど、ITによるビジネスモデルの変革に多大な功績がある。

※1【ペーパーレス兼リアルタイム現金決済「マルチペイメントサービス」】

ウェルネットの「マルチペイメントサービス」とは、コンビニエンスストアに設置されたキオスク端末、銀行ATMなどを操作することで、紙の請求書・払込票などを一切使わず決済できるしくみです。また支払い完了情報が事業者に即座に送信されるため、その後のサービス提供を迅速に行うことができるメリットがあります。

2000年5月に稼動開始したこのしくみは、コンビニエンスストア店舗以外にもクレジットカード、ネットバンク、銀行ATM、電子マネーなどさまざまな決済手段に対応、支払いを受ける事業者はウェルネット1社と接続するだけで、さまざまな決済手段を支払う人に提供することができます。
このサービスは国内主要航空会社の全て、100社以上の都市間高速バス会社、国内外を代表するEC事業者、公共料金などさまざまな事業者にご利用いただき、その安定した稼動実績は関係各社より高い評価を頂いております。

※2【電子チケット】

「電子チケット」は2003年より取り組んでいる事業で、従来の紙のチケットに変わって、いつでもどこでも購入することができる、大変利便性の高い仕組みです。2003年7月に航空会社で採用され、以降札幌ドーム、Jリーグ全試合観戦記録システムとしてご利用いただいております。

【情報化月間について】

政府は、毎年10月を「情報化月間」と定めており、今年で39回目を迎えます。
1970年代始め、通商産業省(現在の経済産業省)は、情報化社会への潮流が今後私たち個人のライフスタイルを変える社会的なものであると捉え、情報化を推進、この情報化の波を健全に発展させていく為には、国民が情報化について理解を深めることが重要であると考え、情報化に関する正しい知識を提供することを目的とし開始いたしました。
10月の第1週を「情報化週間」と定め、全国各地で情報化に関する展示会、講演会を行うとともに、経済社会の情報化の促進に多大な貢献をしたと認められる個人や企業を選定し、表彰を行っております。
※「情報化月間2010」のホームページ
http://www.johogekkan.jp/




--------------------------------
<本件に関する報道関係者のお問い合わせ先>
ウェルネット株式会社 管理部 IR担当
TEL: 03-3580-0199   FAX: 03-3580-0168   E-mail: ir@well-net.jp
--------------------------------