ウェルネットの“ケータイチケット”がおサイフケータイに対応

ウェルネットは2002年よりケータイ電話をチケットとして利用できる「ケータイチケット」サービスを提供してまいりましたが、今般おサイフケータイ に対応致します。

ウェルネットは2002年7月、13,000名のヒップポップグループのコンサート(日本武道館)へのケータイチケット提供を皮切りとして、2003年からは国内主要航空会社様の搭乗券発行用二次元コードのご提供、高速バス業界においては東京~三宮・姫路間の夜行バスでケータイチケットを実用化するなど、ケータイチケットにおいては先駆的な役割を果たしてまいりました。
今般おサイフケータイの普及及び利用者側の関心が高まっている状況を受け、おサイフケータイにも対応致します。

具体的には、ケータイチケットを取得するお客様の携帯電話がおサイフケータイであった場合には、ウェルネットサーバーが自動的に判断しICチップに情報を書込みます。おサイフケータイではない場合、従来通りの二次元コードを生成し表示します。
この対応により、おサイフケータイを含む全てのケータイ電話を対象としたサービスが可能となり、事業者側はお客様のケータイ電話の種類を気にすることなくサービスの提供ができ、同時にシームレスにおサイフケータイ時代への対応をおこなうことができるようになります。

読取側も従来は二次元コードリーダーとFelica用リーダー・ライターが二つ必要でしたが、両方読み取ることが出来るリーダー・ライターを新たに開発致します(仕様など詳細は後日発表いたします)。

今後ウェルネットは、携帯電話を使ったケータイチケットの具体的なアプリケーションを複数の企業と提携し提供する予定です。
本サービス提供開始時期は2005年10月を予定しております。

※「おサイフケータイ」はNTTドコモの登録商標です。