マルチペイメントサービスの決済可能銀行が大幅に拡充

ウェルネットが提供する電子決済のプラットホーム”マルチペイメントサービス”、利用できる銀行が2005年6月1日より大幅に拡大いたします。

ウェルネットはペイジー第一号稼動共同利用センターですが、この6月1日から三井住友銀行、全国193信用金庫、京都銀行と新たに接続致します。また、りそな銀行、埼玉りそな銀行では従来のネット決済に加えてATMからの支払いもできるようになります。


>> 決済可能金融機関一覧


これにより、ウェルネットのマルチペイメントサービスは、従来からの主要コンビニエンスストア(ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス、セブンイレブン)に加えて主要銀行チャンネルの多くを利用できるようになり、まさにサービス名称通りの「マルチペイメント」になります※1。今後も更に収納機関の拡充を予定しております。

ますます便利になるウェルネットのワンストップ電子決済”マルチペイメントサービス”にご期待ください。

※1ウェルネットおよび収納機関の審査があります。