導入事例

  • ヤフー株式会社 様

    市場が拡大し続けるネットショップ業界の中で日本最大級の規模を誇る

    Yahoo! JAPAN様のマルチペイメントサービス導入事例


    日本最大級のポータルサイトYahoo! JAPANが提供するYahoo!ショッピングの決済インフラ部分のご担当者様に、当社決済サービスの導入の経緯から現在のご利用状況を伺った。

    ☆PDF版ダウンロードはこちら☆

    y1-3.jpg
    左から、ヤフー株式会社 コンシューマ事業統括本部 ID決済サービス本部 決済企画部 定由様、森田様、広報室 三村様


    y2.jpg

    導入の背景~ネットショッピングの決済手段の多様性

     

    ネットショッピングの支払手段が多様化していく中で、巨大ショッピングモールを運営するYahoo! JAPANにおいては、様々な方にご利用いただくために決済方法の多様化が求められていた。ネットショッピングはクレジットカード主流でありながらも、ユーザーにとっての利便性は各個人の状況や、使い方によって様々である。ヤフー株式会社 決済企画部 定由氏は、「(当時)クレジットカードをインターネット上で使用することに不安を感じているお客様のニーズへの対応が必要になっておりました。コンビニ決済を導入することを、お客様から強く要望があり、また、女性や若年層の方に使っていただけるということで導入に踏み切りました。」と語る。


    様々な決済会社が競合する中、ウェルネットのマルチペイメントサービスを選定していただいた理由として、「Yahoo!ショッピングを提供するにあたって、仕組みの面でさまざまなニーズに対応できた点、経済条件で有利という点の両方でよい条件を提示いただきました。」と定由氏は語った。森田氏に好評だったのが、24時間稼働するコンビニと同様、ウェルネットのサポートも札幌運用センターで24時間体制のサポートを続けている点である。札幌ではご心配では?との質問に「問題ない。丁寧なサポートをいただいている。」と高く評価していただいた。

    y3.jpg
    「お客様にとっては自分が住んでいる近くのコンビニが使いたい、というニーズがあると思うのですが、そこをうまくカバーできているところが大きい。」と定由氏も評価している。


    今後のネットショッピングのシェア拡大に向けて


    「ショッピングのマーケット自体も伸びているが、その中に占めるコンビニ決済シェアも拡大しており、われわれとしてはクレジットカード決済同様、コンビニ決済の取扱高は今後も増えていくものと思っている。(コンビニ決済やペイジーなどを)利用できる機会を増やし、お客様に使っていただきやすい環境を作っていきたい。」と笑顔で語ってくれた。


    記載のデータや肩書は、2011年8月17日現在のものであり、将来変更されている可能性があることをご了承ください。


    【ヤフー株式会社 会社概要】

    Yahoo_JAPAN.jpgのサムネイル画像
    本社所在地 東京都港区赤坂9-7-1ミッドタウン・タワー
    設立 1996年1月31日
    ホームページ http://www.yahoo.co.jp/